needle felt 展 -1×6 one six- vol.3 「作家紹介」

【needle felt 展 -1×6 one six-】

 

2018年3月16日(金)-18日(日)

11:00-18:00

会場:hvala room(フバラ ルーム)

 

羊毛フェルトで、様々な動物を立体的に作る「羊毛フェルト作家」が6名集まり、hvala roomで展示会を開催致します!

6名の作家さんをご紹介致します。

 

【needle felt 展 参加作家】

★HIROCO(ヒロコ)

<HIROCO voice>

ペットロスの方やペットの飼えない方達の為に少しでも笑顔と癒しをお届け出来ればとのおもいだけで始めて日々お勉強をさせて頂いて折ります。

実は 我が家もペットが飼えないので 私自身が 一番癒やされています。

感謝

 

 

★nodako(のだこ)

<nodako voice>

飼い主さんの喜ぶ笑顔が見たくて、一刺し一刺し想いを込めて作っています。

愛くるしい表情や仕草が形になることがうれしく楽しい時間です。

一人でも多くの方へ作品の温かさをお届けしたいと思います。

羊毛と針一本で誰でも気軽に挑戦できるお教室は、いつも楽しい会話と歓喜の声に包まれています。

ほっとした瞬間をご一緒出来ればと思います。

 

nodakoのブログ→

 

 

★sawabo(さわ坊)

<sawabo voice>

初めて迎えた愛犬が18歳で亡くなって、ぽっかり穴が開いたようになっていた時に羊毛フェルトに出会いました。

本物そっくりのかわいい犬、猫に魅了され、こんな風に作れるんだ!という驚き。愛犬の面影を求めてちくちくと針を進めていくうちに、羊毛フェルトの優しい手触りにいつか心も穏やかになっていました。

最初はうちの子が作ればいいと思っていましたが、作ること自体が楽しくなり、いつのまにかいろんなポーズ、いろんな種類の犬、猫たちに囲まれるようになりました。

けっして器用ではない私がこんなに熱中出来るなんて と自分でも驚いています。

現在はウールーシュシュ所属 羊毛フェルト インストラクターとして、カルチャースクール等で皆さんのかわいいペット作りの講座を担当しています。

羊毛フェルトは奥が深く、細部にこだわればこだわるほど表情やしぐさが豊かになります。

 

sawabo ブログ→

sawabo Instagram→

 

 

★Rico(リコ)

<Rico voice>

犬猫に囲まれ横浜暮らし。

「我が子を作ってみたい」そんな軽い気持ちで始めた羊毛フェルト。

いつしか『誰かに喜んでもらいたい』という気持ちが芽生えました。

ゆるゆるとマイペース作業ですが、ひと針ひと針丁寧に作品作りをしております。

 

 

★ぽしにゃん

<ぽしにゃん voice>

ふわふわ…ほっこり…の わんにゃんず。

『うちの子に似ている』と優しい笑顔で、家族に迎えていただけるのを想い愛情たっぷり、自由気ままに、作品づくりをしています。

 

 

★オオバタン

<オオバタン voice>

ふわふわの羊毛と針1本でどんな形も作れてしまう、そんな羊毛フェルトの世界に惹き込まれ、早数年が経ちました。

リアルで可愛い作品作りを目指し、チクチクと制作活動しております。

 

 

 

 

私自身、「羊毛フェルト」に勝手にイメージを持っておりましたが、作家さんの作品を色々見せてもらって「とても奥深いハンドクラフトなんだなぁ」と思いました。

構図や立体空間の把握

頭の中のイメージを形にする技術

一針一針に込められている想い

時間をかけてじっくり作られた、わんズ にゃんズに会いにいらしてください^^!

 

会期中は随時ワークショップを受付・開催しております!

ご予約不要の手ぶらで気軽にご参加いただけるワークショップとなっております^^

ワークショップ詳細はこちらから→

 

 

【hvala room(フヴァラルーム)アクセス】

 

 

hvala room カセ
hvala roomホームページ
ブックマークをお願いします^^


Comment